Gudrun&Gudrun
ガドランガドラン
FAROEISLAND , DENMARK

フィンランドとアイスランドの間に位置する、海に囲まれた自然豊かな
デンマーク領フェロー諸島に住む女性2人が手がけるニットブランド。
ʻSlow Clothingʼ というコンセプトを掲げ、 環境に配慮した、
強いアイデンティティを持ったニットウエアを作り出しています。

Gudrun&Gudrunで使用されるオーガニックウールは
フェロー諸島に放牧された羊の毛を使用しています。
オーガニックウールへのこだわりは強く、 ヨーロッパでの厳しい基準である
KBT(Controlled biological husbandry)に認定された方法で飼育されている羊は、
オーガニックの餌を食べて育ち、羊の健康を保つため
常に良い飼育状態にコントロールされています。
また、生産過程である紡績や染め洗いの過程も、 厳しい基準である
IVN(International Association Natural Textile Industry)に認可された方法で行っており、
染料は人間や環境に悪影響を与えるような化学薬品は一切使用しておりません。
最後の過程での洗いでよく使われている塩素は使用しないで、
30度の水で洗う方法で最後の仕上げを行うなど、
徹底したオーガニックウールでつくられています。
これらの羊は極寒の地に耐えるため、特別な毛質を持っているのが特徴です。
このウールから出来た製品は保温性が高く、肌着としても着用できるほど肌触りがよく、
ECO WOOL LINEのキッズコレクションでも使用されています。

孤立した島の静寂の中で生まれるコレクションは快適さだけではなく、
環境問題も考慮して生産されており1点1点想いを込めて作られています。

ʻSlow Clothingʼ