2022 S/S NIDO Collection

NIDO
22 S/S

Nido はアルゼンチン・ブエノスアイレスでJulieta Racket によって2012 年に設立されました。
ニット、アクセサリーのコレクションから始まり2014 年には毛布、ラグ、クッションのホームコレクションを、
2016 年にはキッズコレクションと伝統的な織物工芸を学ぶための小さな学校もスタートしました。
アルゼンチンはニュージーランドとオーストラリアに並ぶ羊毛の生産地の一つです。
その中でも厳選された羊毛をトゥクマン州で現存する踏み車を使用しての手紡ぎしています。

そして多くのウールを天然染料によって手染めしています。
ブエノスアイレス出身の女性による編み手グループが手や古くからの編み機を使って作り出していきます。
春夏には小さなコットンを使ったコレクションが発表されますが、多くのコレクションは羊毛を使ったものです。
私たちは羊の毛から製品が仕上がるまで、簡単で自然な方法であることが重要であると考えます。
地元の女性たちが祖母から継承した道具や知識を使って伝統的な方法で働くことがとても大切なことです。
Nido のすべての製品はこうした職人的なプロセスを選ぶ結果、始まりから最後まで手づくりであるがゆえに、ある意味不完全で、特別で、ほかにないユニークなものとなります。

動画をご覧頂いた後、プライスリストで展開カラーとサイズをご確認ください。
今回LINO CROP TOP以外はコットン素材です。
カラー展開は動画内ですべてご確認頂けます。

※画像が荒い場合はYOUTUBE画面の右下、歯車の設定画面から画質1080にしてください。

ご質問など有りましたらいつでもご連絡ください!